【2020】宅建試験の合格点・合格後の流れ、予想合格ラインまとめて紹介

goukakuline
サト

サト

合格点数の発表がありましたね!

合格点数は38点以上になってます。

宅建試験の合格点及び合格したらどうすればいいのかをまとめたので参考にしてください!

2020年合格点

2020年の合格点数は38点でした。

受かった人もそうでなかった人もお疲れ様でした。

予想合格点及び合格ラインまとめ

 32点35点36点37点38点39点40点
TAC    
LEC    
大原    
日建       
ユーキャン    
フォーサイト      
アガルート     
クレアール    
日建学院    
合計

みんなの感想

https://twitter.com/m_chi37/status/1317712027297533952

各予備校の解答速報(PDF or HP)

解答速報(PDF or HP)まとめ
TACLEC大原日建ユーキャンフォーサイトアガルートクレアール

各予備校の解答速報(Youtube)

LECの解答速報
日建学院の解答速報
フォーサイトの解答速報
アガルートの解答速報

無料採点サービス

無料採点サービス
TACユーキャンン大原

過去の合格点の推移

過去4年間の合格点は36点前後であり今回も同様になるのではないでしょうか。

合格点の決め方

宅建の合格点は毎年変わります。平成30年なら37点、平成29年なら35点と合格ラインが高い年もあれば低い年もあります。

年によって合格点が変わるのは、宅建試験が相対評価の試験だからです。

「相対評価とは、とある集団内のどの位置にいるかによって個々の能力や成績を評価すること。」(BIZHINT)です。

毎年試験の難易度は変るので相対評価することで合格点数を上げたり下げたりしてどの年に試験を受けても公平になるようにします。

毎年合格点は38点と決めていると試験問題が易しい年の人は有利になり、試験問題が難しい年の人は不利になりますもんね。

また、合格者の数を調整したいという思惑もあると思います。関係機関は宅建士の人数を把握しているので宅建士の需給が崩れないように合格点で調整していると思われます。

今年の試験の難易度は概ね去年と同じかもしくは若干難易度が上がっているので予想合格点は36点±1点と予想する人が多くなっています。

各予備校の講評

フォーサイトの講評

今年の試験について、全体的な難易度は、「昨年とほぼ同レベル」という印象でした。

例年通り、宅建業法、法令上の制限、その他の法令でいかに得点できるかがカギとなりました。権利関係については難しい問題の出題が目立ちました。

【宅建業法】

*全体としては個数問題が減少したこともあって「やさしい」レベルの問題となっています。
*35条書面、37条書面、8種規制等の重要テーマについて、テキストで基礎知識を身につけ、過去問題の反復をすることにより高得点を取ることが合格への王道と言えます。

【法令上の制限】

*全体としては「標準」レベルの問題となっています。
*素直な問題と織り交ぜて、選択肢の中には過去に出題がない問題もありましたが、消去法で対応できたかと思います。

【その他の法令】

*全体としては「標準」レベルの問題となっています。
*地方税は予想通り、不動産取得税からの出題、価格の評定については不動産鑑定評価基準からの出題でしたので、対策はとりやすかったと思います。
*問46から問50の5点免除の部分では、問50については正解できなくても合否に影響はないいわゆる「捨て問」といえる問題でした。

【権利関係】

*全体的に「やや難しい」レベルの問題でした。
*抵当権からの出題がなかったことが特徴的でした。また、改正部分からの出題が見られましたが、ストレートに問われるというより、事例を交えているため難しいと感じる受験生が多かったのではないでしょうか。

LECの講評

出題内訳は、権利関係 14 問、法令上の制限・税・価格の評定 11 問、宅建業法 20 問、
免除科目5問であり、例年と異なるところはありませんでした。
内容的にも過去に出題されたテーマが多く、全体として解きやすい問題が多かった
といえるでしょう。
以下、分野ごとの出題について検討します。

【権利関係】
難易度の高い問題と基本問題の差が大きかったといえます。
問1:地役権、2:個人根保証、問8:再代襲といった、細かい知識が聞かれた一
方で、問 10 や問 11 のように過去に出題された基本的知識を素直に当てはめれば正解
できる問題もありました。

【法令上の制限・税・価格の評定】
法令上の制限については、問 15 や問 20 のように細かい知識が問われるものもあり
ましたが、全体としては得点し易かったと思われます。
また、問 23 の国税は「印紙税」、問 24 の地方税は「不動産取得税」、問 25 の価格の
評定は「鑑定評価基準」であり、予想通りの出題でした。「印紙税」と「鑑定評価基準」
は過去に出題されたテーマが正解肢であり、過去問対策をしっかりしていた受験生に
とっては楽な問題だったといえるでしょう。

【宅建業法】
宅建業法の個数問題が4問と少なく、また、全体として過去問の焼き直しが多かっ
たことから、法令上の制限同様、過去問対策をしっかりしていた受験生にとっては得
点しやすい問題が多かったといえるでしょう。
ただ、問 27(ア)や問 29(ウ)のように、『全体的には正しいものの、「除き」とい
う表現があるために誤りとなる。』という問題や、問 35(2)のように、『供託だけで
なく届出も必要なので、「供託すれば」という表現だけでは誤り。』という選択肢もあ
り、集中力不足や読み落としに注意しなければならないものもありました。

【免除科目】
問 47、問 48 は基本的であり、得点して欲しい問題といえます。
一方、問 50 は『建物の基礎』に関する細かい知識問題であり、迷った受験生が多か
ったと思われます。

合格したらどうしたらいいのか?合格後の手続きについて

宅建試験に合格後は実務経験が2年以上あるかどうかで今後の手続きの流れがかわってきます。

今後の手続き

  • 実務経験が2年以上の場合は都道府県で資格登録手続きをする。
  • 実務経験が2年未満の場合は登録実務講習を受ける必要がある。

どうでしょうか?実務経験が2年以上あるでしょうか?

実務経験が2年以上あるならすぐに資格登録手続きをしましょう。

実務経験が2年以上ないなら登録実務講習を受ける必要があります。

登録実務講習とは例えばLECでは以下のようなカリキュラムで行われます。

登録実務講習

通信講座及びスクーリングを受講して最終的に修了試験に合格するという流れです。

LECでは99.9%以上の人が修了試験に合格しており安心して受講することができます。(万が一不合格になっても一回に限り再受講が可能です)

また、受講料は税込22,000円と登録実務講習の費用としては概ね標準的となっています。

LECは予備校大手でテキストがしっかり作られており実務についてからも役に立つものとなっているのでおすすめです

2020年宅建試験の合格発表日時

合格発表日時

令和2年12月2日(水) 追加試験の指定を受けた人は、令和3年2月17日(水)

自己採点した結果が微妙な人も合格していそうな人も合格発表まで座して待ちましょう。

後悔することもあるかもしれませんが、試験が終わったら結果は変わらないですからね。

サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の35歳。
基本情報処理技術者・TOEIC730点・宅地建物取引士。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. こんばんは。
    20日宅建の試験終えてホッとしているところです。
    LINEのアプリも登録させていただいてました。
    おかげさまで自己採点は40点でした。
    ありがとうございました。

    • KAZUHIさんコメントありがとうございます。
      試験お疲れ様でした。
      自己採点で40点なら合格間違いないですね!
      LINEのアプリも使っていただいたみたいで少しでもお役に立ててよかったです。

コメントを残す

CAPTCHA