2021年(令和3年)宅建の法改正まとめ。しっかり勉強して確実1点を取ろう!

2021-low-revision

法改正点は出題されやすいので必ず押さえておく必要があります。

2021年の法改正のうち出題可能性が高いのは5つだけなのでしっかりチェックしておきましょう!

この記事の監修者
サト

不動産鑑定士

サト

Sato

プロフィール

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士39歳。宅地建物取引士・ASA国際資産評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730。合格していない資格の記事については合格者に外部委託して執筆しております。プロフィール詳細コレハジについて

お気に入り登録するとお気に入り記事一覧に保存できます。

遺言書の保管の申請及び遺言書情報証明書の交付など

遺言は、相続をめぐる紛争を防止するために有用な手段ですが、遺言者本人の死亡後、相続人等に発見されなかったり、一部の相続人等により改ざんされる等のおそれが指摘されています。

そこで、自筆証書遺言のメリットを損なわず、問題点を解消するための方策として、自筆証書遺言補完制度が創設されました。

自筆証書によって遺言を作成した遺言者は、遺言書保管官に遺言書の保管の申請をすることができます。

そして、遺言書の保管を申請した遺言者の相続人は、遺言者が死亡している場合に限り、遺言書保管ファイルに記録されている事項を証明した書面(遺言書情報証明書)、遺言事項を証明した書面(遺言書保管事実証明書)の交付を請求、また、遺言書の閲覧請求ができます。

水害ハザードマップが重要事項説明に追加

宅建業法が定める重要事項の説明対象のうち、取引の対象となる市町村が水害ハザードマップ(洪水ハザードマップ、内水ハザードマップ、高潮ハザードマップ)を提供しているときは、当該図面において取引しようとする宅地等の概ね所在地を示さなければならないとの規定が追加されました。

IT重説の拡充

近年の法改正で貸借の媒介・代理についてのみ認められていたIT重要事項説明が改正により、売買等を含むすべての取引において認められることになりました。

第三十五条第一項関係

2 宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸
借の代理若しくは媒介に係る重要事項の説明にITを活用する場合の取扱いについて
宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借
の代理若しくは媒介に係る重要事項の説明にテレビ会議等のITを活用するに当たっては、
次に掲げるすべての事項を満たしている場合に限り、対面による重要事項の説明と同様に
取り扱うこととする。

なお、宅地建物取引士は、ITを活用した重要事項の説明を開始した後、映像を視認でき
ない又は音声を聞き取ることができない状況が生じた場合には、直ちに説明を中断し、当
該状況が解消された後に説明を再開するものとする。

  1. 宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、図面等の書類及び説明の内容について十分に理解できる程度に映像を視認でき、かつ、双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、双方向でやりとりできる環境において実施していること。
  2. 宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者にあらかじめ送付していること。
  3. 重要事項の説明を受けようとする者が、重要事項説明書及び添付書類を確認しながら説明を受けることができる状態にあること並びに映像及び音声の状況について、宅地建物取引士が重要事項の説明を開始する前に確認していること。
  4. 宅地建物取引士が、宅地建物取引士証を提示し、重要事項の説明を受けようとする者が、当該宅地建物取引士証を画面上で視認できたことを確認していること。

(引用:国土交通省 ITを活用した重要事項説明 実施マニュアル

市町村が定める都市計画区域の決定・変更

市町村は、都市計画区域又は準都市計画区域について都市計画を決定または変更しようとするときは、あらかじめ、都道府県知事に協議しなければならない。

改正前は市町村が、都市計画を決定または変更しようとする場合、市はあらかじめ知事に協議、町村は協議のうえ知事の同意を得なければなりませんでした。

今回の改正により、市町村が都市計画を決定または変更しようとするときは協議のみで認められることになりました。

宅建士証の旧姓の併記

宅地建物取引士証の記載事項のうち、宅地建物取引士の氏名における旧姓の使用については、希望する者に対しては宅建士証に旧姓が併記されることになりました。

旧姓が併記された宅建士証の交付を受けた日以降、書面の記名押印等の業務において旧姓を使用することができます

記載例

宅建士証に旧姓が併記されている場合の記載例

関連 【2020年】宅建の民法改正まとめ10選!

関連 【2019年】宅建試験に出題が予測される法改正のポイント

あとでまとめて記事を読み返せるよ!
お気に入り登録した記事一覧
サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の39歳。
不動産鑑定士の試験勉強時代に全国模試で3位の実績。
宅地建物取引士・ASA機械設備評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730点。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
宅建用穴埋式問題集
関連記事

コメントを残す

CAPTCHA