【一般知識】行政書士の科目別対策法と効率的な勉強法を紹介

knowledge

一般知識は例年14問の出題となっていますが、法令科目との大きな違いは足切りのラインがある事です。

法令科目でどんなに高得点を獲得しても、一般知識で6問以上(24点以上)正答できないと不合格となってしまいます。

よってウエイトは高くはありませんが、しっかりと勉強するようにしてくださいね。

政治・経済・社会

politics

政治・経済・社会は一般知識14問のうち、7問~8問ほど出題されています。

範囲は非常に広く、時事問題に対する知識や社会問題に対する幅広い基礎知識が問われます。

学習初期の段階から、アンテナを張りながら、ながら見でも構わないので、ニュースや新聞等を使って情報を集めていてください。

最終的には、テキスト、模擬試験や予想問題等を使いながら、全体的な理解を深めてください。

情報通信・個人情報保護

internet

一般知識科目の中では、最も重要な分野です。

毎年3問~4問の出題となっています。

政治・経済・社会と比較して、的を絞った学習が行いやすい科目と言えるでしょう。

「情報通信」の分野からは、インターネット用語の知識を前提にした問題が出題されます。

行政書士試験における情報通信の科目は、深い知識よりも幅広い知識を網羅的に身につける必要があります。

よって、この分野は重要条文をしっかりと押さえておけば、殆どの問題を正答できるようになります。

テキストに掲載されているインターネット用語を押さえて、さらなる補強が必要であれば総務省の「国民のための情報セキュリティサイト」を読んでみると良いでしょう。

参考 国民のための情報セキュリティサイト総務省

「個人情報保護」の分野は、法令科目と同様に条文の理解を深めてください。

試験前の夏ごろから本格的に学習を開始して、繰り返し過去問を解き、その都度条文を確認してください。

効率よく学習を進めれば、出た問題は必ず正答できるようになります。

文章理解

benkyounojyunban

文章理解は、大学入試試験の現代文と同様のイメージを持って頂けると良いでしょう。

要旨把握型、並べ替え型、空欄補充型、下部説明型等の形式があります。

あまり時間をかけることは得策ではありませんが、過去問に収録されている問題を解いてみて、得手不得手を確認してください。

漠然と解くのではなく、効率よく確実に正答できるように、合理的な解法を意識しながら問題慣れしてください。

gyouseisyosikamokubetu 【法令科目】行政書士の科目別対策法と効率的な学習方法を紹介
コメントを閉じる

コメントを残す

CAPTCHA