LINEで過去問が解ける

AIによる未来問が評判の資格スクエアの特徴や評判をまとめてみた。

スクエア

教育系ITベンチャーとして宅建士の通信講座を運営している「資格スクエア」を今回は紹介したいと思います。

資格スクエアは教育系ITベンチャーというだけあって少し変わったサービスがあります。

それはAIによる本試験の予想問題の無料配布です。

過去29年分の試験データをAIに学習させ本試験の問題を予想するというものです。

2018年度の宅建試験においては的中率78%でした。

無料で配布しているので試してみてはどうでしょうか?

2018年度宅建試験において的中率78%!

未来問を無料でもらう

資格スクエアではほかにも特徴的な取り組みをしているので詳しく紹介します。

おすすめ宅建通信講座ランキング
  1. スタディング 受講料19,980円と一番安い
  2. フォーサイト 2018年合格率が70.8%と合格実績が圧倒的
  3. アガルート 受講料の全額返金制度がある
  4. クレアール 無料資料請求で3,000円の割引クーポンがもらえる
  5. スタケン 宅建アプリで有名
  6. ユーキャン 三ヶ月で合格が目指せる速習講座がある
  7. スクエア 的中率78%のAIによる未来問がタダでもらえる

資格スクエアってどんな会社?

資格スクエア

出典|スクエアより

資格スクエアは株式会社サイトビジットが運営しています。

サイトビジットは設立が2013年4月24日なのでけっこう新しい会社で、資格スクエア以外にも次世代学習システムの開発をしたり、人材サービスなどを運営しているようです。

4年で無料会員数40,000人突破するなど、注目されている教育系ITベンチャー企業となっています。

資格スクエアのメリット

脳科学ラーニング

出典|スクエアより

資格スクエアでは脳科学に基づいた問題演習ができます。

東京大学の池谷裕二教授監修のもと開発したシステムで、受講者一人一人の理解度に合わせた形で記憶に定着しやすいように問題を出題してくれます。

脳科学に基づいて出題してくれるのは資格スクエアだけなので脳科学好きにはたまらなサービスとなっています。

AIによる予想問題を無料プレゼント中

AI

出典|スクエアより

AIに過去29年分の本試験問題を勉強させることにより今年度に出題されるであろう50問を予測させるサービスです。

宅建では約70%問題に正解すれば合格できると言われていますが、このサービスでは去年出題的中率が70%だったらしいのでかなり参考になりそうですね。

どれくらい当たるものなのか不明ですが無料でくれるらしいので気になる人はもらってみましょう。

2018年度宅建試験において的中率78%!

未来問を無料でもらう

資格スクエアのデメリット

資格スクエアのデメリットを紹介していきます。

デメリットというか、このサービスはどこの通信講座でもやってるから別に対したサービスじゃないよというのを紹介していきます。

オリジナルテキストやレジュメを使用している

テキスト
宅建レジュメ

資格スクエアではオリジナルのテキストとレジュメを使っています。

あえて満点を目指さず効率的に合格できるように重要でない部分についてはばっさり割愛したものとなっています。

でも、満点を目指さす重要なところだけを学習するオリジナルテキストを使用しています。というのはどこの通信学校でも言っていることなので資格スクエア独自の強みとは言えません。

また、画像2枚目のレジュメのクオリティが少し低いような気がするんですが、、私だけですかね。

21段階の倍速機能がある

資格スクエアの動画は21段階の倍速機能があり様々な速さで聞くことが可能となっています。

一番早いので1時間の動画を20分で聞くことも可能になっています。

倍速機能があるのはうれしいですが、倍速機能サービスも他の通信講座でもだいたいやっていますね。

21段階あるのはすごいですが、倍速機能自体は資格スクエア独自のサービスとは言えないと思います。

教育訓練給付制度がない

教育訓練給付制度が資格スクエアにはないので、教育訓練給付制度の利用を考えている人は他の通信講座を探しましょう。

教育訓練給付制度を利用できる通信講座はユーキャンフォーサイトがあります。

資格スクエアの受講料

資格スクエアの宅建講座は

  • 【2019年向け】宅建合格パック

だけです。

【2019年向け】宅建合格パック

【費用】

64,800円

【教材】

インプット講座(約50時間)、アウトプット講座(約40時間)、直前対策講座(約10時間)、オリジナルレジュメ、2019年版テキスト

注意
問題演習機能・質問機能はないので注意してください。

資格スクエアの評価

記事で紹介していてなんですが、私的にはあまり資格スクエアをおすすめしません。

64,800円という費用も安いとは言えないし、教材の中に問題演習がないのはちょっとダメだと思います。

やっぱり問題を解かないと力はつかないですからね。

ただAIによる予想問題は資格スクエアでしかもらえないのでそれだけは参考にもらってみてもいいかもしれませんね。

2018年度宅建試験において的中率78%!

未来問を無料でもらう

おすすめ宅建通信講座ランキング
  1. スタディング 受講料19,980円と一番安い
  2. フォーサイト 2018年合格率が70.8%と合格実績が圧倒的
  3. アガルート 受講料の全額返金制度がある
  4. クレアール 無料資料請求で3,000円の割引クーポンがもらえる
  5. スタケン 宅建アプリで有名
  6. ユーキャン 三ヶ月で合格が目指せる速習講座がある
  7. スクエア 的中率78%のAIによる未来問がタダでもらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA