2020年宅建の合格ラインはこちら

宅建に独学で合格するために知っておきたいことまとめ。おすすめテキストやサイトも紹介!

宅建は法律系国家資格の登竜門的位置づけですが、独学での合格は可能なのでしょうか?

結論から言って独学での合格は可能です。

ほとんどの人は独学で合格していると思います。

当サイトでアンケートを実施したところ約6割の人が独学でした。

アンケート結果

独学での合格は可能ですが、実際勉強してみると結構難しいです。片手間で勉強していると落ちてしまいます。

みんなの受験回数を聞いたアンケートでは約4割の人が複数回受験しています。
アンケート結果

この記事では宅建を独学で合格しようと思っている人のために、宅建の試験制度や独学の人におすすめのテキスト・サイトなどを紹介していきます。

宅建の試験制度

schedule

簡単に宅建の試験制度を見ておきましょう。

サト

宅建試験はスケジュール通り行われる予定だけど、コロナ次第なので最新の情報は公式HPでチェックするようにしてね。

試験日

令和2年10月18日(日)

試験内容

50問・四肢択一式、受験資格はありません。誰でも受験できます。

合格率

令和元年度は15.2%で概ね15%前後で推移しています。

受験費用

受験費用は7,000円です。

独学の場合、テキストと問題集も買うと思うのでそれの費用が2冊合わせて5,000~6,000円ぐらいなのですべての費用としては2万円ぐらいと思っておけば十分でしょう。

参考 宅建試験について不動産適正取引推進機構

独学のためのおすすめテキスト

amazonなか見!検索 カラー 文章量 イラスト・図解 問題収録 分冊
フルカラー 少ない 多い 3分冊
  •  文章をあまり読まずに勉強したい人向け
  • amazonでベストセラー
  • イラストや図が多い
  • 手書き風のフォントでの解説
  • やさしい・やわらかい解説
独学の人におすすめの本はみんなが欲しかった!宅建士の教科書です。

この本は読むというよりパッとみてわかる本をコンセプトに作られた本で、文章を読むのが億劫で図やイラストで勉強したい人におすすめです。

3分冊できるので外出先でも勉強しやすくなっています。。

欠点は、図が手書き風のフォントで解説されているため見づらいと感じる人がいるかもしれませんがこの辺は好みだと思います。

amazonで本の中身を試し読みできるので一度見てみるといいでしょう。

他のテキストとも比較したい人は下の記事を参考にしてくださいね。

独学のためのおすすめサイト

宅建試験ドットコム
宅建試験ドットコム-2

独学の人が勉強するために一番おすすめのサイトは宅建試験ドットコムです。

平成12年から令和元年までの過去問を解くことができ、問題ごとに解説もついています。

また、選択肢をランダムに並びかえたりできる機能もあるので何回でも勉強しやすくなっています。

民法改正にも対応しているので安心して勉強できるでしょう。

参考 過去問道場宅建試験ドットコム

独学のためのおすすめアプリ

おすすめアプリは無料のと有料の2つあります。

宅建過去問(無料)

宅建 過去問 2020

宅建 過去問 2020
開発元:Trips LLC
無料
posted withアプリーチ

無料でおすすめのアプリは「宅建 過去問 2020」です。

過去12年分の問題を解くことが無料解くことができる優れものです。

肢ごとに解説があるのでその点も親切ですね。

全面広告が少しうっとうしいですが、無料アプリなので仕方ないでしょう。

スタケン(有料)

宅建 過去問集 2019年版「スタケン問題編」

宅建 過去問集 2019年版「スタケン問題編」
開発元:OWNER’S AGENT INC.
¥370
posted withアプリーチ

有料のおすすめアプリはスタケンです。

平成21年から平成30年までの過去問ができて370円と安くなっています。

まだ、2020年版が出ていないので購入するなら待ったほうがいいかもしれませんね。

有料なので機能は豊富で、

  1. 「弱点攻略」でもう一度解きなおしたい問題だけまとめて解きなおしができる
  2. 自分にとって簡単な問題は次から非表示にすることもできる
  3. ランダムに出題できる
  4. 学習の記録がつけられる
  5. オリジナル模試がついている

などの、上の無料のアプリにはない機能がついています。

宅建を合格するために必要な勉強時間

宅建にごうかくするために必要な勉強時間は100~300時間と言われています。

毎日3時間勉強するのを3ヶ月ぐらい続けないといけないのでけっこう大変ですよね。

みんなの勉強時間のアンケートをとったことがあるので参考にのせておきます。

アンケート結果

みんなの勉強時間をみると移動中や寝る前などすきま時間をうまく活用して勉強しているのかなという感じですよね。

コツコツ続けるのが一番大変ですが合格への近道です。

宅建の勉強スケジュール

当サイトで合格体験記を書いてくれた人の半年間の勉強スケジュールを上のようになっています。

過去問・予想問題を解いて、直前には模擬試験まで受けているのでかなり万全の体制で受験されています。

半年前から勉強してもこれぐらいのスケジュール感で勉強すれば十分合格できるでしょう。

この人の合格体験記を読めばもっと詳しく書かれているので参考にしてください。

独学で合格するための勉強法

yatttemita2

独学で勉強するときに意識することは、「法改正は出題されやすいので絶対に抑える」・「民法は難しいのであまり時間をかけすぎない」・「宅建業法は確実に得点できるようにしておく」など何点かあると思います。

でも、一番大切なのはとにかく過去問を繰り返し解くことです。

宅建に限らず資格試験全般に言えますが過去問が一番重要です。

問題は過去問を何年分解くのかと、何回ぐらい繰り返し解くのかですが、過去10年分をほぼ間違えないぐらい解けば十分と思います。

ただし、今年は民法が大幅に改正されているので過去問だけでなく、直前予想問題集なども購入しておくと安心ですね。

宅建に独学で受かった人の合格体験記

今までに資格試験などを勉強したことがない人はどうやって勉強していけばよくわからない人もいるのでそういう人は他の人の合格体験記を読んで勉強の仕方を身につけるといいでしょう。

他の人をマネして勉強することでより早く勉強法が見につきますよ。

20代主婦の合格体験記 【宅建・合格体験記】居酒屋での悔しい一言から一発合格した20代主婦の話。勉強法も詳しく教えてもらいました。 宅建の合格体験記 【宅建・合格体験記】半年間の勉強で一発合格した30代の話。勉強スケジュールや仕事との両立のコツも教えてもらいました。
順番に宅建の勉強の仕方を知りたい人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA