2020年宅建の合格ラインはこちら

賃貸不動産経営管理士の難易度は?他の資格試験との合格率、勉強時間の比較も紹介

tintaihudousankeieikanrisinonaido

賃貸不動産経営管理士に興味がある人にとって一番気になるのが難易度ですよね。

簡単にまとめますと、令和元年の合格率は36.8%、勉強時間は約10~50時間で合格可能と言われています。

1~2週間の勉強で合格できるレベルで、テキストも薄く2日ぐらいあれば読める分量になっています。

不動産系の資格の中でもかなり簡単な部類になりますね。

しかし、国家資格化が噂されており資格を取ろうと思っている人は早めに受験しておいた方がいいかもしれません。

では、賃貸不動産経営管理士の過去の試験結果データや他の資格との比較を詳しく見ていきましょう。

賃貸不動産経営管理士の難易度

賃貸不動産管理士の過去の試験結果データ

実施年度 申込者数(人) 受験者数(人)
(内講習修了者)
合格者数(人)
(内講習修了者)
全体合格率
(%)
一般受験者
合格率(%)
講習修了者
合格率(%)
合格点
(講習修了者合格点)
平成25年 4,106 3,946
(-)
3,386
(-)
85.8 28
(-)
平成26年 4,367 4,188
(-)
3,219
(-)
76.9 21
(-)
平成27年 5,118 4,908
(-)
2,679
(-)
54.6 25
(-)
平成28年 13,862 13,149
(-)
7,350
(-)
55.9 28
(-)
平成29年 17,532 16,624
(4,380)
8,033
(2,342)
48.3 46.5 53.5 27
(23)
平成30年 19,654 18,488
(5,379)
9,379
(2,886)
50.7 49.5 53.7 29
(25)
令和元年 25,032 23,605
(6,882)
8,698
(2,641名)
36.8 36.2 38.4 29
(25)

賃貸不動産経営管理士の合格率は約50%前後で推移していましたが、令和元年の試験では36.8%と合格率が下がってきており、年々合格が難しくなっています。

また、令和2年から国家資格化を見据えて試験問題が40問→50問、試験時間が90分→120分に変更されることが発表しました。

国家資格化されれば資格取得の難易度はますますあがっていくものと思われます。

民間資格から国家資格に変更になった資格としてファイナンシャルプランナーや知的財産管理技能士などがありますので合格率の推移など参考にしてください。

平成28年は平成27年に比べて受験者数が2倍以上に増えていますが、これは平成28年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の改正により、賃貸不動産経営管理士に以下の3つの役割が付与されたためです。

賃貸不動産経営管理士の3つの役割

  • 賃貸住宅管理に関する重要事項説明および重要事項説明書の記名・押印
  • 賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印
  • 事務所における資格者の設置義務

賃貸管理業者登録制度は現在任意登録のため、賃貸不動産経営管理士の地位は高いとは言えませんが、今後少子高齢化により日本は空家が増えていくことが確実なので空き家対策の一つとして不動産管理がクローズアップされ、賃貸不動産経営管理士にもより重要な役割を与えられるかもしれません。

参考 国家資格化を見据え、賃貸不動産経営管理士試験の出題数と試験時間を変更一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

賃貸不動産経営管理士と他の資格試験との合格率、勉強時間の比較

サト

必要な勉強時間はおおよそ宅建と同じだよ。
資格名 試験方式 合格率 必要勉強時間
管理業務主任者 四肢択一 23.2% 100~500
マンション管理士 四肢択一 7.9% 500~700
宅地建物取引士 四肢択一 17.0% 100~300
中小企業診断士 一次試験 四肢択一式※ 30.2% 1000~1500
二次試験 記述式及び口述式 18.3%
不動産鑑定士 一次試験 五肢択一 32.4% 2000~5000
二次試験 記述式 14.9%
実務修習 記述式及び口述式 66.2%
賃貸不動産経営管理士 四肢択一 38.4% 10~50

※中小企業診断士の一次試験は一部5肢択一式 科目合格あり

賃貸不動産経営管理士は上にあげた資格の中では一番簡単に合格することが可能です。

他の資格は国家資格ですが、賃貸不動産経営管理士は民間資格なのでその点の違いだと思います。

ちなみに賃貸不動産経営管理士より簡単な不動産系の資格として競売不動産取扱主任者試験というのがあります。

競売の仕組みなどを勉強するもので競売不動産に興味のある人は勉強してみてもいいかもしれません。

話が少しそれてしまいましたが、賃貸不動産経営管理士の合格に必要な勉強時間は約10~50時間と言われています。1~2週間がんばれば合格できるぐらいの難易度でしょうか。

賃貸不動産経営管理士の試験範囲には賃貸借契約や保証契約、委任契約、建築基準法などがありますので宅建等を保有していて、民法や建築基準法をだいたいわかっている人はより短期間での合格が可能でしょう。
【2020】賃貸不動産経営管理士ってどんな資格?取得するメリットや試験制度を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA