媒介契約・35条書面・37条書面の覚え方をわかりやすく解説。語呂合わせや比較表で効率的に暗記しよう!

媒介契約、35条書面、37条書面

※ 文中の灰色で隠されているところはタップやクリックをすると答えが表示されるので独学に使ってください!

媒介契約、35条書面、37条書面は毎年複数題出題される超重要分野です。

しかし、記載事項など覚えることが多くとても大変ですので、今覚えても忘れてしまう可能性が高いのです。

試験直前にまとめて勉強するといいでしょう。

次の記事 8種制限

この記事の監修者
サト

不動産鑑定士

サト

Sato

プロフィール

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士39歳。宅地建物取引士・ASA国際資産評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730。合格していない資格の記事については合格者に外部委託して執筆しております。プロフィール詳細コレハジについて

媒介と代理の違い

dairi-baikai

代理と媒介は似ていますが、代理は代理権を与えられた代理人Bが代理行為を行った結果、AとCが契約を結ぶ行為です。

媒介の場合はAがCに媒介を依頼し、BがCを見つけてきてCとAが契約を結ぶ行為です。

媒介は契約の相手方を見つけてくるだけです。

ここではAとBが行う媒介契約について詳しく見ていきましょう。

以下は媒介の場合だけでなく代理の場合にも当てはまります。

>
サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の39歳。
不動産鑑定士の試験勉強時代に全国模試で3位の実績。
宅地建物取引士・ASA機械設備評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730点。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
宅建用穴埋式問題集
関連記事

コメントを残す

CAPTCHA