難しい宅建の建築基準法をわかりやすく解説!

建築基準法

※ 文中の灰色の部分はタップやクリックすると答えが見れます。

建築基準は毎年2問が出題される重要分野です。

都市計画法と同様にボリュームの多い分野ですが、重要なことが多く知っていないと実務についてからトラブルになることもあるのでしっかり勉強していきましょう!

次の記事 農地法

この記事の監修者
サト

不動産鑑定士

サト

Sato

プロフィール

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士39歳。宅地建物取引士・ASA国際資産評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730。合格していない資格の記事については合格者に外部委託して執筆しております。プロフィール詳細コレハジについて

建築基準法の概要

建築基準法は建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、みんなが安全安心に暮らせるようにするための法律です。

建築基準法には大きく分けて以下の2つの規定があります。

【単体規定】

  • 建物の安全性に関する規定
  • 全国どこでも適用

【集団規定】

  • 市街地の環境整備などを目的とする規定
  • 市街地の環境整備を目的としているので、都市計画区域準都市計画区域で適用
  • 市街地が形成されていない田舎の都市計画区域外では適用されません

まずは、全国どこでも適用される単体規制をみていきましょう。

>
サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の39歳。
不動産鑑定士の試験勉強時代に全国模試で3位の実績。
宅地建物取引士・ASA機械設備評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730点。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
宅建用穴埋式問題集
関連記事

コメントを残す

CAPTCHA