【宅建】フォーサイトお疲れ様キャンペーン中!最大50%OFF

改正民法の債権譲渡を宅建用に簡単にわかりやすく解説。対抗要件の承諾と通知書が大事!

債権譲渡

※ 文中の灰色の部分はタップやクリックすると答えが見れます。

債権譲渡は過去5年間で2回ほど出題されています。

出題頻度はそれほど多くないので、一番重要な債権譲渡の対抗要件についてだけとりあえず勉強しておけばいいでしょう。

次の記事 契約不適合責任

この記事の監修者
サト

不動産鑑定士

サト

Sato

プロフィール

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士39歳。宅地建物取引士・ASA国際資産評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730。合格していない資格の記事については合格者に外部委託して執筆しております。プロフィール詳細コレハジについて

債権譲渡とは?

債権譲渡とは?

債権譲渡とはその名の通りですが、債権者が持っている債権を第三者に売ったり、譲渡したりすることをいいます。

債権には債権譲渡自由の原則というのがあって誰にでも自由に譲渡できるとされており、将来発生する予定の債権でも譲渡できます

譲渡禁止の特約があったとしても債権譲渡自体は有効です。

ただし、譲受人(上の例ではカエル)が特約について悪意または重過失の場合は債務者は債務の履行を拒むことができ、かつ譲渡人に弁済などをすれば譲受人に対抗できます。

債権譲渡の対抗要件 頻出

債務者への対抗要件

債務者に対して債権譲渡の事実を主張するには、

  • 譲渡人から債務者への通知
  • 債務者承諾

第三者への対抗要件

第三者への対抗要件(債権譲渡)

第三者への対抗要件も債務者への対抗要件の場合と基本は同じです。

以下により対抗要件を備えます。

  • 譲渡人から債務者への通知
  • 債務者承諾

ただし、通知・承諾は確定日付のある証書(内容証明郵便など)によりしないといけません。

また、確定日付が同じときは先に到達した通知に関する債権が優先されます。(×確定日付)

サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の39歳。
不動産鑑定士の試験勉強時代に全国模試で3位の実績。
宅地建物取引士・ASA機械設備評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730点。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
宅建用穴埋式問題集
関連記事

コメントを残す

CAPTCHA