宅建の都市計画法の覚え方・勉強方法をわかりやすく解説。用途地域や開発許可は図解で攻略しよう!

都市計画法

※ 文中の灰色の部分はタップやクリックすると答えが見れます。

都市計画法は毎年2問が出題される重要分野です。

ボリュームが多く大変ですが、実務についてからも知っていないとダメな分野なので捨てたりせずしっかり勉強しましょう!

次の記事 建築基準法

この記事の監修者
サト

不動産鑑定士

サト

Sato

プロフィール

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士39歳。宅地建物取引士・ASA国際資産評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730。合格していない資格の記事については合格者に外部委託して執筆しております。プロフィール詳細コレハジについて

都市計画とは

town

都市計画法は住みやすい街を作ることを目的とした法律です。

都市計画を定めないと、住宅の中に工場がある、学校の横にパチンコ屋があるなど住みやすいとは言えない街ができてしまいます。

そこで、都市計画法では、都市計画区域準都市計画区域というのを定めて計画的な街づくりを行っていきます。

都市計画区域内は人が住んでいる街中といった感じです。

都市計画区域の指定権者は以下のようになっています。

原則:都道府県が指定

例外:2以上の都道府県にまたがる場合は国土交通大臣が指定

また、都市計画区域が定められていない区域のことを都市計画区域外といい、田舎のイメージです。

準都市計画区域は、都市計画区域外でもインターチェンジの周辺等、田舎だけど開発され環境が悪化するおそれがある区域をいいます。

このような区域を都道府県が指定することにより一定の規制を行うことができます。

>
サト

サト

不動産鑑定士

宅建に4回落ちたという黒歴史を持つ不動産鑑定士の39歳。
不動産鑑定士の試験勉強時代に全国模試で3位の実績。
宅地建物取引士・ASA機械設備評価士・競売不動産取扱主任者・基本情報処理技術者・TOEIC730点。
宅建など資格の勉強法について書いていこうと思うので参考にして下さい。

FOLLOW

カテゴリー:
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事一覧
宅建用穴埋式問題集
関連記事

コメントを残す

CAPTCHA