【2020年】危険物乙4の通信講座・通信教育のおすすめランキング!人気の7社を徹底比較

危険物乙4の通信講座・通信教育をランキング形式で紹介します。

危険物乙4は独学で勉強する人がほとんどだと思いますが、通信講座はとても安いのがあり本を買うのと価格が変わらないのもあるので十分検討する価値があると思います。

それぞれの通信講座の価格や長所・短所をまとめているので参考にしてください。

おすすめ通信講座ランキング1位 スタディング


サト

スタディングの講座費用は4,500円だよ。

教材の内容

  • 短期合格セミナー 1回
  • 基本講座(ビデオ・音声) 22講座 合計8時間15分
  • WEBテキスト
  • スマート問題集 21回(140問)
  • 法令暗記ツール 全34回
  • 模擬試験 全10回(350問)

スタディングの特徴

スタディングのいいところ
  • 費用が圧倒的に安い
  • テキストがフルカラー
  • HPで無料会員登録すると講義などをお試しできる
  • 合格お祝いギフト券1,000円がもらえる
スタディングの悪いところ
  • 紙のテキストがない

スタディングの長所はなんといっても価格ですね。

講座は通常価格4,500円ですが、10%OFFクーポンやお祝いギフト券1,000円がもらえたりするのでもっと安く受講することができ、ほとんど本と変わらない価格になっています。

本だと持ち運びに不便ですが、スタディングの講座ならスマホでも学習しやすくなっているのでおすすめです。

おすすめ通信講座ランキング2位 オンスク

オンスク

サト

オンスクの講座費用は月額980円~だよ。

教材の内容

  • 講義動画全66回(約7.5時間)
  • 問題演習全356問ダウンロード教材音声
  • 講義スライド
  • その他機能 学習管理機能、キーワード検索機能、復習機能 等

オンスクの特徴

オンスクのいいところ
  • 月額制なので費用が安く押さえられる
  • 講義動画が10分以内とスキマ時間を活用しやすい
オンスクの悪いところ
  • テキストがない(講義スライドのみ)

オンスクはTACの100%子会社で、スマホで手軽に資格の勉強ができます。

特徴は月額制を導入しているところです。

料金体系は二つあって、

  • ウケホーダイ ライト 980円~
  • ウケホーダイ スタンダード 1480円~

の2つがあります。

2つの違いは、音声ダウンロード、講義スライドダウンロード、問題演習復習機能などがあるかどうかです。

ライトにはそれらの機能がありませんので、普通はスタンダードを選ぶといいでしょう。

月額制なので、1ヶ月だけ申し込んで受験すれば費用を押さえられるのが魅力です。

ホームページで危険物に関する法令の動画をお試し視聴できるので試しに見てみるといいでしょう。

おすすめ通信講座ランキング3位 フォーサイト

フォーサイト

サト

フォーサイトの講座費用は9,800円だよ。

教材の内容

  • 受講ガイド
  • 戦略立案テキスト(PDF)
  • 合格必勝テキスト(PDF)
  • テキスト 3冊
  • 問題集 3冊
  • 模擬試験(1回分)
  • 無料メール質問 3回

フォーサイトの特徴

フォーサイトのいいところ
  • テキストがフルカラー
  • 問題集がシンプルで使いやすい
  • 講義やテキストをスマホでも見れる
  • 合格すると最大1,000円分のamazonギフトコードがもらえる
  • 他の講座でオリコンの顧客満足度1位を獲得している
フォーサイトの悪いところ
  • 合格点主義なのでテキストの内容が薄い恐れがある
  • 講座を開設して間もない

フォーサイトはテキストがフルカラーでとっても見やすく勉強しやすくなっています。

また、道場破りというeラーニングシステムによりスマホやタブレットで勉強しやすくなっており、通勤や通学の途中でも気軽に勉強できます。

おすすめ通信講座ランキング4位 産業能率大学

産業能率大学

サト

産業能率大学の講座費用は月額13,200円だよ。

教材の内容

  • テキスト 1冊
  • 問題集 1冊
  • 模擬テスト 1冊
  • 模擬テスト解答カード 8回分
  • ライセンス・スクウェア
  • 添削 3回 (Web提出可)

産業能率大学の特徴

産業能率大学のいいところ
  • 教材の質が高い
産業能率大学の悪いところ
  • 動画がない
  • 価格がやや高い

テキストは出題されるポイントを絞っており、覚えにくいところにはイラストや語呂あわせを使っているなどテキストの質は高いですが、動画講義がありません

もっと安い価格で動画講義がついている講座もありますのでそちらの方がいいような気がしますね。

おすすめ通信講座ランキング5位 JTEX

JTEX危険物乙4

サト

JTEXの講座費用は月額15,400円だよ。

教材の内容

  • 主テキスト2冊+別冊2冊
  • 別冊:「学習ガイド・模擬問題集」「レポート課題集」
  • レポート回数:4回

JTEXの特徴

JTEXのいいところ
  • 技術系の通信教育で有名
JTEXの悪いところ
  • 動画がない
  • 価格がやや高い

講座はテキストで学習、レポート、模擬テストの順番で学習していきます。

技術系の通信教育では有名ですが、動画での学習がないのが欠点ですね。

動画の学習がないのでやや勉強しずらいでしょうか。

おすすめ通信講座ランキング6位 たのまな

危険物乙4たのまな

サト

たのまなの講座費用は15,400円だよ。

教材の内容

  • 主テキスト2冊:上巻「実務編」、下巻「法令編」)
  • 学習ガイド+模擬問題集
  • レポート課題集
  • レポート回数:4回

たのまなの特徴

たのまなのいいところ
  • レポート提出で学習の進捗を確認できる
たのまなの悪いところ
  • 講座の価格がやや高い
  • 動画学習ができない
  • テキストが白黒

たのまなはテキスト中心の学習内容となっています。

動画学習がないのであまり通信講座の意味がないでしょうか。

価格も割と高いのでぶっちゃけあまりおすすめできませんね。

おすすめ通信講座ランキング7位 ユーキャン

ユーキャン

サト

ユーキャンの講座費用は39,000円だよ。

教材の内容

  • メインテキスト 3冊
  • 添削 5回(試験種別模擬試験2回を含む)
  • ビギナーズぶつりかがく
  • ゴロおぼえ手帳
  • ガイドブック
  • 添削関係書類

ユーキャンの特徴

ユーキャンのいいところ
  • 教材到着後8日以内なら返品可能
  • ゴロ覚え手帳が付いている
  • 教育訓練給付制度が使える
ユーキャンの悪いところ
  • 講座の価格が高い
  • 動画学習がない

ユーキャンはとても有名な通信講座です。

長所としては教育訓練給付制度を活用することができ20%が戻ってくるので制度の活用を考えている人はユーキャンでもいいかもしれません。

ですが、他の講座と価格を比べてもらえればわかりますが、講座の価格がとても高いので個人的にはあまりおすすめしません。

危険物乙4の通信講座まとめ

価格 動画学習
1位 スタディング 4,500円
2位 オンスク 月額980円~
3位 フォーサイト 9,800円
4位 産業能率大学 13,200円
5位 JTEX 15,400円
6位 たのまな 15,400円
7位 ユーキャン 39,000円

※リンクをクリックすると記事内のランキングに飛びます
【2020年最新版】危険物取扱者乙4のおすすめテキストをランキング形式で紹介 乙4の国家資格を一夜漬けで合格するための攻略法

コメントを残す

CAPTCHA